Concert production
and production business公演制作·プロデュース事業

音楽を軸に置きオペラ、ミュージカル、
演劇、芸能と
ジャンルに囚われない公演を主催、制作プロデュース

当社の公演制作、公演プロデュースは、2001年の銀座博品館劇場での、故中島啓江のライフワーク「夢で逢いましょうvol.8」公演より始まる。彼女が亡くなる2014年vol.21まで続き、この公演はコンサートに留まらず、永六輔氏、立川志の輔氏、小林幸子氏、コロッケ氏、岡本知高氏他、多方面のジャンルからの出演者を迎え、オペラ、演劇など様々な要素で行った。

代表取締役:岡田秀春は、この公演をプロデュースすることで公演制作を学び、コンサートの主催、制作では、安田祥子氏、錦織健氏、岡本知高氏、渡辺真知子氏&ピアニスターHIROSHI氏のコンサートを行った。2015年 中島啓江追悼公演をサントリーホールにて、安田祥子氏、天満敦子氏を招いて行い、2016年 東京芸術劇場にて小原孝氏、2017年には、サーカス、岡本知高氏等と行った。

舞台の主催、制作では、2015年 めぐろパーシモンホールにて、お笑い界より渡辺正行氏を招き、オペレッタ「こうもり」、2017年 日本橋公会堂にて、宝塚出身の、あづみれいか氏他を招き、音・劇「町内会」を行った。岡田によるプロデュース公演は2016年、めぐろパーシモンホールにて、お笑い界より「どぶろっく」をゲストに招き「ひかりのゆりかご」、2017年、新国立劇場オペラパレスにて、真矢ミキ氏他が出演する「ドラマティック古事記」、同じく新国立劇場オペラパレスにて、2018年 廣瀬智紀氏主演「古事記~スサノオと美琴~」を行っている。

今後も音楽を軸に置きオペラ、ミュージカル、演劇、芸能とジャンルに囚われない公演を主催、制作プロデュースして行く。

Past record過去の実績

2018年
廣瀬智紀氏主演「古事記~スサノオと美琴~」をプロデュース
2017年
新国立劇場オペラパレスにて、真矢ミキ氏他が出演する「ドラマティック古事記」を制作プロデュース
2017年
日本橋公会堂にて、宝塚出身の、あづみれいか氏他を招き、音・劇「町内会」を主催
2016年
めぐろパーシモンホールにて、お笑い界より「どぶろっく」をゲストに招き「ひかりのゆりかご」をプロデュース
2016年
東京芸術劇場にて
「2016年 中島啓江追悼公演」を主催
2015年
お笑い界より渡辺正行氏を招き、オペレッタ「こうもり」を主催